50代の薄毛の対策法を知る|栄養不足に気をつけよう

正しい使い方を知ろう

ヘアケア用品

多くの人は発毛剤の使い方が良くないために思ったような発毛効果が得られていません。具体的には夜の10時までに入浴を済ませて頭皮を清潔にしておき、それから頭皮に薬剤を塗りこみましょう。

More Detail

早めに対策がカギ

頭に触る男性

男性女性に関わらず、50代になると髪の毛に問題が出てきます。若いころと比べて髪が細くなってきたり、抜け毛や薄毛が進行したりするので、原因を知って症状がひどくならない内に対策を行ないましょう。50代で薄毛や抜け毛が起こる原因は、栄養不足や頭皮環境の悪化、加齢によるホルモンバランスの乱れなどです。実は髪の毛は栄養不足になると一番最初にダメージを受ける場所なので、偏った食事を続けていると若い間からでも髪の毛が薄くなってしまいます。また、長い間刺激の強いシャンプーやカラーリング、パーマなど繰り返していると髪の毛が傷んでしまい、健康な髪が作られるヘアサイクルが乱れます。そして50代の女性に多い原因が女性ホルモンの低下です。閉経を迎えると女性ホルモンのひとつであるエストロゲンが減少していき、反対に男性ホルモンの割合が多くなっていきます。男性ホルモンが高くなると女性でも薄毛や抜け毛が進行するのです。このような症状を食い止めるためには育毛剤を使用するなど早めの対策が重要になってきます。通常、育毛剤は抜け毛が進行した人だけが使うと思われていますが、日々のヘアケアの中に取り入れると高い発毛効果を発揮します。薬局やネットで販売されているので、女性でも気軽に購入出来るでしょう。また、育毛剤を使うときは同時に入浴方法も改善すると相乗効果が期待できます。ほとんどの場合、育毛剤と生活習慣の改善で髪の毛の問題は解消されますが、もしも効果が見られないときは外科手術やウィッグを使って薄くなった頭皮を目立たないようにすることもできます。

それぞれの施術法の違い

鏡を持つ男性

植毛は人工の毛を使う方法と、自分の毛を使う方法に分けられます。即効性を求める人は人工の毛を使い、時間をかけても自分本来の髪が欲しいという人は自毛植毛を行ないましょう。

More Detail

自然に髪を生やす方法

髪の毛

自毛植毛は安全に髪の毛を増やせるので、医師とカウンセリングをしながら自分に最適な手術方法を選びましょう。また、術後はアフターケアが必要ないのですぐに日常生活に戻ることができます。

More Detail